健康食品の成分と分類について

健康食品の分類について

健康食品には幾つかの種類がありますが、いずれも健康促進を目的にした食品を指します。日本で販売される口に入れるものは、食品か薬いずれかのカテゴリに入ると薬事法と食品衛生法で定められています。

 

健康食品の種類は法律の上では、食品となります。食品と見なされていたものの中から、一定条件を満たしたものが保健機能食品となることが、2001年に厚生労働省で定められました。

 

栄養機能食品か特定保健用食品のいずれかに、保健機能食品ば分けて考えられています。健康を保つためや健康状態をアップすることが、特定保健用食品の目的です。

 

特定保健用食品の認可を得るには、定められた制限を守って製造し、審査を受けます。栄養機能食品は12種類のビタミンと5種類のミネラルを含みます。審査や認可がないという点で特定保健用食品とは異なります。

 

条件に達していれば栄養機能食品に分類されることになります。市場に出回っている健康食品の中には、保健機能食品の種類には該当しないというものもたくさんあります。

 

いわゆる健康食品という種類分けがなされています。法律では食品でも、疲労回復や健康アップなどの目的で売られている健康食品は様々なものがあります。それらの種類は、それほどはっきりとは決まっていません。

健康食品のタイプ分け

法律では、健康食品は食品として種類分けをされています。とはいえ、健康食品の種類によってはカプセルや錠剤のような薬そっくりの健康食品も少なくありません。

 

加工時にその方が都合が良く、有効成分の濃度を維持しつつ劣化を防ぐことができることから、様々な健康食品がこの形です。錠剤は糖衣錠などの添加物が使われることが多いですが、これは、成分そのものの風味や味が苦手な人でも飲めるようにです。

 

圧力を加えて成分を濃縮させるのが錠剤の特徴なので、体内で消化されづらいことがあります。そのため、カプセルに内容物を入れたり、ゼラチンに成分を含ませるという種類もあります。

 

多めの水を使い一度に飲み込まずに飲むことが喉に負担をかけないポイントです。健康食品の中には、飲み物として作られているものや、パウダーのものもあります。

 

水やジュースに粉を溶かして摂取することが、アミノ酸系総合栄養補助食品に共通する特性です。たんぱく質や繊維は錠剤への加工がしづらいので、ドリンク状で販売されていることが多いようです。

 

一定濃度以上の健康食品にすることはできませんが、水を使わずに簡単に摂取できることから、チュアブルタイプの健康食品を使う人もいます。健康食品の種類としてはゼリータイプもあります。朝食や昼食代わりに活用できるものです。

健康食品の成分と分類について

健康食品の種類は増加の一方で、カテゴリ分けの仕方は未だ曖昧です。法律では食品扱いの健康食品は、健康食品そのものの規定がきちんとしていません。

 

健康食品は薬のような治療効果を謳うことはできませんが、それは法律上は食品であるためです。健康食品という言葉には認可はないので、販売者が特定の食品を健康食品として売る時の制限はありません。

 

緑黄色野菜やフルーツを、体にいい食べ物だからと健康諸品と主張したとしても、法律上では全く問題ありません。植物や動物から成分を抽出したり、化学合成で成分を作り、それをカプセルや粉、錠剤にするのが健康食品の作り方です。

 

厳密な分類ではありませんが、健康食品の種類をいくつかに大別することはできるようです。主成分は何かという種類分けをすると、アミノ酸系、ビタミン系、ミネラル系などがあります。

 

原材料で植物由来、動物由来で分けることもできます。健康食品の材料になる成分は、大学や研究期間で健康効果があると認められた成分を用いるものや、昔から体にいい植物や動物として扱われていたものを原材料にする方法などがあり、様々な健康食品があります。

 

毎日の食事ではどうしても手が回らない栄養成分を摂取するために用いる健康食品や、脂肪燃焼や美肌効果、抗酸化作用、眼精疲労対策など、特定の効果のために製造された健康食品もあります。

 

健康食品は様々な種類が作られており、多くの人が利用しています。健康食品を選ぶ時には、種類毎の特性を理解した上で、自身の目的に合致するものにしましょう。

健康食品の成分と分類について関連ページ