サプリメントと健康

健康とサプリメント

健康志向が高まっているこの頃は、サプリメントや健康食品の販売数が増加傾向にあります。ですがこの頃は、余りにもたくさんのサプリメントが販売されているため、選ぶための知識が必要になってきています。

 

どんなにいいサプリメントでも使い方を誤ってしまえば、サプリメントを飲んでも意味がないばかりか、健康に悪影響を及ぼすこともあります。健康のために利用したサプリメントが逆効果にならないようにしたいものです。健康食品やサプリメントを取り扱う上で知っておくべきことを踏まえた上で使うことで、有効に使うことができます。

 

法律では、健康食品という食品は定められていません。健康食品とは、体のために取り入れるもの全般に対してつけられた名前の1つといえます。内訳は2つあり、片方は厚生労働省から保健機能食品という名称をつける認可を得たものです。

 

一方、厚生労働省からの認可がない健康食品は、法律では一般的な食品と同列に扱われます。逆に成分や働き、安全性が公的に認められていません。サプリメント、健康補助食品、栄養補助食品といった健康食品がこれにあたります。どのサプリメントが自分の健康維持に合うものなのか、自分の知識で判断する局面が多くなってきています。

サプリメントと健康について

元来、サプリメントとはアメリカで健康増進のために作られたものです。普段の食事では欠乏しがちな栄養成分の補充のために、サプリメントから栄養を取り入れていました。健康維持のための栄養補給と言っても、人によって足りない栄養は異なります。

 

自分自身に不足している栄養成分は何か、食事からの摂取は無理なのかなどを踏まえてサプリメントを選んでください。代謝をたかめるサプリメントを使っても、ビタミン不足に悩む人の解決策にはなりません。多くの人が指示する大ヒットサプリメントであっても、自分にも効果があるとは限りません。

 

一人一人の食生活や体質、日々の生活内容によって必要とする成分は違います。例えば、自分も他の人も、同様に体の倦怠感に悩まされていたと仮定してみましょう。ここで、どちらも同じようにだるさに良いサプリメントを使ったとします。

 

二人に同じ効果が現れるとは限りません。それぞれのだるさの原因に応じたサプリメントの摂取が必要になってきます。よく耳にする、ビタミンやミネラルのサプリメントだけでもかなりの種類の商品があります。健康維持のためのサプリメント選びに、成分の役割や自分の生活のきちんとした把握が必要なのはこういう理由があるからです。

サプリメントで健康を害さないために

厚生労働省に認可された特定保健用食品と異なり、サプリメントや健康食品は法律上では食品です。法による制限は存在している反面、明確に定められていないこともあります。数あるサプリメントの中には、話題だけが先走ってしまいます。

 

注目度ばかりが先行して、効果がはっきりしないまま流通し、使用者に悪影響を及ぼしてしまったケースも存在します。健康被害の例としては副作用の発生などサプリメント自体に原因があるものが多いようです。多くの人が愛用している人気のサプリメントであっても、自分には合わず効果が得られなかったという事例もあります。

 

商品自体の問題ではなく、利用する側が適切な摂取をしなかったために飲み過ぎや飲み合わせに問題が生じることもあるようです。治療中の病気に悪影響を及ぼしたり、服用している薬と飲み合わせが悪かったりしたために健康被害が生じたケースもあります。

 

サプリメントは食事では摂取し切れない栄養を補給する目的で利用するものです。健康意識の高いが故に、サプリメントに頼りすぎてしまうケースも少なく無いようです。食事代わりにサプリメントを多用して満足な食事をしなかったりする人もいます。健康な体づくりは、まずは食事から栄養を摂取することです。サプリメントからの栄養摂取は、あくまで食事の補助として位置づけるようにしましょう。

サプリメントで健康を害さないために関連ページ