運動や食事ではなかなか身長が伸びない?

画像

サプリメントで身長を伸ばしたいという場合、成長ホルモンの分泌を活発にする成分を補充するという方法があります。

 

遺伝子の仕組みで身長が決まる部分もあるといいます。そのため、両親が双方とも平均より低い身長であった場合、子の身長も低いといわれています。

 

ただし、遺伝だけが身長を決める全てではありません。日頃の運動量や生活リズム、睡眠時間、食事なども、成長する過程で身長がどこまで伸びるかに関わっています。

 

趣味のスポーツをしている人などは、長身になりやすいといいます。運動をしている人としていない人を比較した場合、運動をする人の身長は高い傾向があるというデータも存在します。成長期にどれだけホルモン分泌がなされたかでも、身長の伸びは違うといいます。

 

まわりの子供に比べて我が子の身長が著しく低いという場合、成長ホルモンが正常に分泌されているかどうかは医者に頼る必要があるでしょう。

 

運動や食事ではなかなか身長が伸びないという人は、身長が高くなるサプリメントで成長ホルモンの活動を促すという方法がよく使われます。身長を伸ばすには成長ホルモン分泌を助けるサプリメントがいいといわれています。

 

 


身長とサプリメント

サプリメントを利用してカルシウムを補給する目的が、今より高い身長になりたいからという人がいます。和食メインの食事から欧米食にシフトしていることもあって、身長が高く手足も伸びている日本人が増えているといいます。

 

実際テレビで人気のある俳優やモデルといった人達は身長が高くすらりとした体型の人が多く、特に若い世代にはあこがれ的な存在です。少し前まで、学歴、収入、身長の高い人を3高といい、いい男の条件でした。

 

良い男性の条件として、身長の高さが挙げられていた頃は確かにありました。このような文化的価値観もあって、子供を育てる親世代でも子供の身長ができれば伸びて欲しいと考える人が少なくないといいます。

 

身長を伸ばすためにはカルシウムが良いと、サプリメントでカルシウムを飲ませたり、カルシウムの豊富な食材をメニューに意識的組み入れる人もいます。確かにカルシウムは現代の日本人に不足している栄養素の一つと言われているので、サプリメントで補ってあげる事も一つの手。

 

サプリメントはあまり子供に与えないほうがいいという意見もあります。今では子供向けのサプリメントも数多く販売され、人気の商品となっているの事実です。成長期になると、多くの栄養素が必要となります。サプリメントに頼りすぎることも問題ですが、上手に活用することで身長にも作用すると言われています。

身長を伸ばすカルシウムとサプリメント

カルシウムのサプリメントで身長を伸ばすことは可能でしょうか?体型の中でも身長はさまざまなことが作用して、高くなったり、低めになったりします。体重と比べて身長は自己管理ができないと言われています。

 

特によく言われていることは遺伝との関係です。ある調査では、両親いずれも身長が高くなければ、子供が平均より低い身長になる可能性は高く、その逆もあるという話のようです。日頃の栄養状況が、身長の伸びに影響を与え背の高い低いを左右することもあるようです。

 

体内に吸収されたカルシウムは、骨を大きくするともいいます。骨密度はカルシウムを十分に摂取することで上がるといわれており、成長期の身長の伸びにも関わっています。子育て中の人の中には、カルシウムをサプリメントで飲ませることで骨の生長の促進を期待しているという方もいます。

 

栄養のバランスを考えて、あくまでもサプリメントは補助的な感覚で使うようにしましょう。近年では数々のサプリメントが販売されています。身長を伸ばすためのサプリメントと位置づけてあるものも多いようです。

 

身長を強引に伸ばそうとするとホルモン分泌に影響が出たり、成長期の育ち方に齟齬が生じるかもしれません、身長の伸び方は、ある年齢まではサプリメントの効果が期待できたとしても、それ以後はさほど役に立たないものであると考えられています。