サプリメント利用の注意点

サプリメントは栄養補助食品

アメリカでは食品区分の一つであるダイエタリー・サプリメントを指すのが、サプリメントです。食事だけでは不足しがちな栄養素の補給を目的とした食品を指すもので、日本ではサプリメントの明確な定義は存在しないといいます。

 

錠剤やカプセル型のものが多いようで、栄養補助食品、健康補助食品とも呼ばれているそうです。ビスケットやゼリー状のサプリメントも最近は見かけますし、ドリンク型やパウダー状のサプリメント商品もあります。加工食品やレトルト食品の利用率が高まっており、日本人の食生活は数十年前と比較して大きく様変わりしているといえます。

 

忙しさを理由に、ファーストフードや外食が多くなっている人もいるでしょう。食品から摂取できる栄養が、近年の野菜自体のミラル不足などもあって、少なくなってきているようです。栄養で食品から摂りきれないものを摂取を補うために使うのが、サプリメントです。

 

健康維持のために年配者がサプリメントを使う例が過去にはたくさん見られたものです。近年では若い世代でも、健康管理にサプリメントを使用する人か増えています。

 

あくまで食品からの栄養摂取のサポートを目的として使うサプリメントは、薬とは違います。サプリメントを食品以外に使う人も、健康維持のためだけでなくダイエットや美容、体力づくりを目的としているでしょう。

サプリメントのメリット

栄養摂取として食品以外にサプリメントを使う人が増加傾向にあるのが今の日本です。2004年に行われたある調査では、ビジネスパーソンの3人に1人は身体的な不調を自覚しています。半数以上がサプリメントを使っていました。

 

様々な利点があるサプリメントは薬ではなく食品なので、医師が処方するような薬効はありませが人気があります。体が必要な栄養素を効率的に摂取できるという点もその一つです。栄養摂取は食品から行うことが望ましいですが、毎日一定量の栄養を確保することは難しいものです。

 

摂取した食品内容にかかわらず、サプリメントを使えば確実に必要な栄養素を摂取できます。ノンカロリーでサプリメントなら必要な成分だけを摂取できますが、食品には多少なりともカロリーが含まれるでしょう。持ち運びに便利で扱いが楽であり、毎日続けることも苦にならないという点も魅力的です。

 

食品からの栄養摂取は、食事の準備が大変で長続きしなかったという場合もあります。食品と異なり食欲の有無にかかわらず摂取できます。

 

利点はたくさんあるのが食品の摂取で、食べる楽しみや食卓でのコミュニケーション、咀嚼による体への刺激などがあるでしょう。健康を維持するためにも、サプリメントと食品の両方の良いところを生かしながら活用することが大切です。

サプリメント利用の注意点

万能の食品ではないのがサプリメントですが、食品だけでは不足しがちな栄養を効率よく摂取できる便利な存在です。賢く、サプリメントの弱点も把握した上で活用しましょう。サプリメントは、食品と比較した時の手軽さが利点です。

 

反面サプリメントで食事の楽しみを得ることはできませんし、味や香り、風味を楽しむことはできません。噛む動作も必要なく、ただ水でサプリメントを流し込むだけです。意識せずに大量に摂取してしまうことも、手軽さが災いしてあるようです。

 

過剰摂取や誤った飲み合わせでサプリメントを利用すると、場合によっては体に悪影響を及ぼすでしょう。薬の効果が弱まったり、強化されすぎるということも、病院から処方された薬をサプリメントと一緒に摂取することであるようです。食品と違うのは、体質的にサプリメントは合わないということもあることです。

 

すぐに摂取をやめたほうがいいのは異変を感じたときです。実際にサプリメントを使うときは、ぬるま湯で飲むようにし、パッケージに記載されている用法や用量を守りましょう。サプリメントによって副作用が出ることもありますので、気をつけましょう。

 

アレルギー体質の人、妊娠中や授乳中の人などは注意してサプリメントを利用しなければなりません。知っておいたほうが良いのが、サプリメントの分類は食品と同じだといっても、いつもの食事と全く同じ感覚で扱えるものではないことです。

サプリメント利用の注意点関連ページ