サプリメントの選び方

サプリメントを用いた栄養摂取

食事だけでは不足しがちな栄養の摂取に、サプリメントとは本来用いられるものだといいます。近ごろの目的は、栄養不足を補うためだけにとどまりません。目的は様々で広く用いられているようで、体力増強、眼精疲労や関節痛などの体質改善、美容やダイエットなどです。

 

健康意識の高まりやテレビ番組での紹介によってサプリメントの認知度が日本で高まったのは、1990年頃からです。たくさんの人が行うようになっているのが、サプリメントでの栄養摂取です。明確な定義がサプリメントに関してあるのがアメリカです。

 

サプリメントは法律上は食品として扱われているのが、日本です。日本ではサプリメントは医薬品のカテゴリに入っていないようで、口にするものを医薬品か食品かのどちらかで判別しているのがその理由です。食品扱いであるサプリメントには薬のような効果や効能を記載することは認められていません。

 

サプリメントは錠剤型やカプセル型が多いこともあり、医薬品と混同されがちですが実は別なものなのです。レトルト品や加工品の割合が増え、外食や不規則な食習慣で栄養不足に陥る人も増えているのが、現在の日本人の食生活です。

 

自宅で食事をしている人でも、体に必要な栄養を全て食事で補うことは難しい面があります。サプリメントは栄養が欠乏しないよう、食品の補助として用いられるものです。

サプリメントの選び方

最近は販売されているサプリメントの品質も、サプリメントを栄養のために使う人が増えたぶん、さまざまになってきました。増えているのは、商品自体の種類も増え、何の栄養をどのサプリメントで摂取すればいいかわからないという方たちです。

 

医師から処方される薬と異なり、自分で選ぶ必要があるのが、サプリメントです。栄養素やサプリメントに関する知識を深め、自分に合うサプリメントを見つけましょう。サプリメントが自分にとって良いか知るために必要なのは、しばらく飲み続けることです。

 

調子が服用してからいいようなら続けて、何か問題があればすぐストップしましょう。一度にまとめて購入するような買い方はしない方がいいでしょう。まとめ買いしかできないようなサプリメントは、要注意です。成分表示がされているかどうかが、サプリメントを購入する際の大前提といえます。

 

栄養素の表紙がないサプリメントは、信頼性が低いと判断してもいいでしょう。同じようなサプリメントの場合、合成の栄養素か、天然の栄養素かも重要です。

 

合成の栄養素の方が低価格で製造できるため、合成成分が使われていることが多いようですが、栄養の吸収率などに疑問が残ります。栄養のためにもできるだけ天然成分で作られたサプリメントを選んだほうが良いかもしれません。

サプリメントの注意点

実際にサプリメントを栄養摂取のために利用するとき、気をつけることはあるのでしょうか。知っておきたいことは、サプリメントには個人差があり、必ずしも効果が出るとは限らないということです。基本的に栄養摂取はまず食事からです。

 

第一に始めたいのは、基本的な食事を見直すところからで、サプリメントを利用する前に行いましょう。食事だけでは不足気味な栄養素は何か、どんな栄養素を自分の体は必要としているかを、、まずできることをした上で知ったほうが良いでしょう。

 

医薬品ではないんのがサプリメントなので、イメージ的の副作用はないと思っている人も多いかもしれません。実はサプリメントによる副作用はけっしてないとはいえないのです。他のサプリメントとの相性から起きるものや、薬との飲みあわせによるトラブルもあるようです。

 

必要なのは、自分にとって効果的な栄養素を摂取できるようなサプリメントを選択することです。手軽に栄養摂取ができるため、つい過剰に摂取してしまうことがあるのもサプリメントの特徴です。摂取量の上限値に満たずとも、過剰症の症状が出ることが人によってはあるようです。

 

成分や含有量をチェックし、軽い気持ちで使いすぎないようにします。成分表はしっかり目を通し、人によってはアレルギーの危険性もありますのでチェックしておきましょう。合わせて1日の摂取量や摂取方法、使用上の注意も読み、適切な使い方を心がけましょう。

サプリメントの選び方関連ページ