単位取得によって得られるサプリメント資格

サプリメントに関する資格について

資格で、サプリメントに関係したものがあるでしょうか。最近では多くの人がサプリメントを利用しているようです。サプリメントは法律上は食品であり、薬とは異なります。しかし健康補助食品とも呼ばれ、健康との関連性の深いものです。

 

現時点では、いくつかのサプリメント系の資格があります。サプリメントについての資格は民間資格で、資格の基準や認定の方法も個々の資格によって違います。サプリメントに関する資格では、特定の勉強を終えると資格が認定されるもの、その後の試験結果に応じて認定されるものがあります。

 

レポートを出すこと、テストを受けることが認定条件になっている資格は色々あります。よく知られている資格にはサプリメントコーディネーター、サプリメント管理士、サプリメントアドバイザーがあります。健康食品管理士や、栄養情報担当者の資格は、試験を通過する必要があるものです。

 

単位を取得することで、誰でも取ることができるというサプリメントの資格も存在しています。単位取得後に試験を受けて資格取得するものには受講や受験資格の規定があります。試験を条件といるサプリメントの資格は、取りたいと思えば取れるタイプではないといえます。

単位取得によって得られるサプリメント資格

サプリメントの資格には、所定の単位を取ることで認定を受けられるものがあります。古くからあるサプリメントの資格には、サプリメントアドバイザーという日本ニュートリション協会の資格があります。サプリメントの資格の中では、保有者が大勢いる資格といえます。

 

通信添削で単位を取得することができ、通信添削認定テストに合格することによって資格を取得することができます。内容は、サプリメント編、ビタミン・ミネラル編、ハーブ編、薬事法・訪問販売法を含めた関連法規編、サプリメントアドバイザー実践編の五科目になります。

 

一年ごとの更新が、資格を取ってからも必要です。日本ニュートリション協会に希望することによって、アメリカの大学への短期留学もできる仕組みがあります。試験前に通信講座による学習が必要な資格には、サプリメントこーでぃねーたーという資格も存在しています。

 

この資格では、サプリメントの活用、目的に合わせた飲み方、サプリメント栄養に関する基礎的なことを学びます。新生活普及協会が認定するサプリメント管理士は、サプリメントに関するテキスト3冊と関係法規のテキストが1冊あります。

 

添削テストに合格すると資格を取得できます。新生活普及協会のサプリメントに関する資格には、さらにステップアップするためのサプリメント管理士マスターもあるようです。

単位取得によって得られるサプリメント資格関連ページ