サプリメントは飲む時間で効果が違うのか?

サプリメントは飲む時間で効果が違うのか?

飲む時間について、サプリメントの場合は薬とは違い特に気にしなくても、さほどその効果には違いが無いと言われています。とはいえ、できるだけ効率的にサプリメントを使いたいと考えるのは自然なことです。サプリメントの良さを引き出すための飲む時間がわかれば、タイミングもはかりやすいものです。

 

実はサプリメントによっては、飲む時間や飲み方次第で、通常よりもサプリメントの効果をより高めることができるケースもあります。美容や美肌などに効果があるサプリメントの場合、特別な指示がないときは、通常食後に飲むのが一般的です。

 

より美容効果を高めたいのであれば、ぜひ飲む時間を、寝る前にかえてみましょう。人間の肌は、大体一ヶ月で作られた皮膚が入れ替わります。特に寝ている間にとても活発に作用します。ターンオーバーが活発な時間を意識してサプリメントを摂取することで効率がアップできるでしょう。

 

体内に蓄積することができず、一定量以上は飲んでも体の外に出されてしまうという性質がある栄養素もあります。一定間隔おきに少しずつサプリメントを摂取することが、体内量を安定させる効果があるといえます。栄養素の性質によって、飲む時間や気をつけたい事柄は変わりますので、サプリメントを選ぶ時には考慮に入れてみてください。

単位取得後の試験が必要なサプリメント資格

単位を得てから、試験に合格しなければ資格が得られないサプリメントの資格があります。健康食品管理士認定協会が扱う健康食品管理士は、受験や試験には資格が必要です。課目の免除条件に、国家資格の取得やそれに準じるものがあるということがあるようです。

 

資格を得てからも、健康食品管理士は5年毎に単位を得て資格を継続させることが条件です。健康食品管理士より取りにくい資格として、サプリメントアドバイザーがあります。日本サプリメントアドバイザー認定機構によるもので、簡単には取得できません。

 

日本臨床栄養協会の会員や学生会員であり、通信教育や講演会の研修単位を40単位取得していることが必須となります。資格の更新は5年に1度行われ、その時点で継続して日本臨床栄養協会の会員でなければなりません。

 

この他、資格が難しいとされているものに栄養情報管理士があります。国立健康・栄養研究所という独立行政法人の資格です。資格を保持するには、3年ごとに資格更新に必要な12の単位を取得しなければなりません。

 

受講資格や受験資格が設けられていることからも分るように、試験を受けて取得する方が、単位の取得だけで資格取得できるサプリメント資格より難易度は高いです。

 

サプリメントの資格を取得することでどんな知識を必要としているかで、取得すべき資格が異なります。資格を得てどうしたいか、どの条件を満たしているかで取るべきサプリメントの資格がわかります。

サプリメントは飲む時間で効果が違うのか?関連ページ